お葬式を行う親族
喪主として務めるお葬式

お葬式の日取りを決める

お葬式の日程は、故人となった日の翌日に通夜を開催してその次の日に告別式などを行うものだと考えている人が多いです。季節によっては急いでお葬式を行うこともありますが、通常は数日後に日程を決めるのが一般的です。これは、いろんな要因が関係しており、これらを考えて日程を決める必要があります。一般的なお葬式のなかで最近増えている家族葬でも、僧侶の読経や宗教儀礼のある式を行うことがあります。お骨をお墓に収めることになるので、菩提寺と付き合いがある人は僧侶に連絡をするのも忘れてはいけません。神式やキリスト教式でなければ、戒名を授けてもらわなければいけないので、檀家となっているお寺の都合を確認する必要があります。檀家のお寺の僧侶が1人の場合には、必ず予定の確認をしておかないと他の檀家と予定が重なってしまう可能性もあります。また、お寺によってはお葬式で読経をしていない場合はお墓への納骨を断られる可能性があります。

日本での法律により故人は必ず火葬が義務付けられているので、火葬場の予約もしておく必要があります。お寺の都合が確認出来たらすぐに火葬場の状況を確認しなければいけません。都市であれば火葬場は予約で埋まっていることもあります。希望する日時に予約できないこともあるので注意しましょう。火葬場の予約では、午前中の11時から午後1時が1番集中している時間帯です。精進落としを食べる時間を考えればこの時間帯に集中するものです。そのため、喪主は早めに予約をしておかなければいけません。

最後に参列者の予定や友引のことを考えて日程を調整する必要があります。特に友引を避ける必要があるので、この日程の調整も必ず行う必要があります。お葬式の日程はこれらの3つの調整を行えば自然と決定できるものです。依頼する会社と打ち合わせをして決めていくことになりますが、都合よくすべての調整を行えるわけではありません。日程調整で困っているときは専門会社に相談をして日程調整をしてもらう必要があります。  

ページの先頭へ戻る