お葬式を行う親族
喪主として務めるお葬式

お葬式の通夜に呼ぶ人

一般的なお葬式スタイルとして挙げられるのは、通夜と合わせて二日間に亘って行なうスタイルです。家族葬においても、儀式の規模が異なるだけで、基本的な内容は同じです。これまでの通夜では、親族や友人などの身近な人たちが参列して故人と夜通し過ごす儀式でしたが、最近はこのやり方は変化しています。時代の変化によって通夜に参列する人たちも変わってきています。通夜で参列する人は、故人や喪主の仕事関係や近所の人が一般的になっています。親族も参列しますが、主な参列者はこのように親族以外の人です。このメインの参列者が変化することで、通夜の始まる時間も変化しています。最近では、通夜は夕方の6時から7時頃に僧侶の読経が始まります。これが、最近の通夜のスタイルになっています。  

焼香をした後は、故人との最後の食事を行う通夜振る舞いを用意して喪主が参列者をもてなします。これまでの通夜である、喪主や親族が夜通し線香や蝋燭の火を絶やさないように故人と過ごす通夜とは異なります。そのため、最近は通夜ではなく半通夜を行うことが主流になっています。この半通夜をお葬式で行うのは、参列した人たちに対して宿泊する施設を用意できないため、帰宅できる時間に通夜を終了させる必要があるからです。半通夜は、時間もある程度決められており、長くても3時間で終了します。参列者の人数により焼香の時間が異なりますが、通夜の時間は1時間程度で終了するものです。その後通夜振る舞いを行うことになりますが、喪主はこの全ての儀式に参加する必要があります。これは初日の儀式になりますが、次の日が終了するまで非常に長い時間対応しなければいけません。   

親族への連絡については、当日参加できない参列者もいるので、早めに連絡をしなければいけません。この連絡の対応も喪主がしっかりと行う必要があります。現在は、これまでとは異なり、小規模で柔軟なお葬式が増えているので、参列してもらう人たちにもあまり負担にならないように工夫することも大切です。

ページの先頭へ戻る